• アルファラバルの特徴とは

    アルファラバルはエネルギーやバイオテクノロジー、半導体製造など幅広い分野に関する製品を開発している会社です。

    アルファラバルについて解説いたします。

    中でも主要産業の1つとなっているのがバイオ燃料事業です。
    バイオ燃料はサトウキビやトウモロコシなどを原料とするエネルギーです。



    サトウキビやトウモロコシなどの植物は成長の過程で光合成を行い、二酸化炭素を吸収して酸素を出します。
    そのため、燃料として使用した際に二酸化炭素を発生させてしまっても、それは成長の過程で吸っていた分の出しているだけであり、地球に影響を与えません。
    バイオ燃料は身近なクリーンエネルギーとして注目されています。


    バイオ燃料においてはいかに効率的にエネルギーを生み出すかが重要となっており、その点でも優秀な機器をアルファラバルは生み出しています。


    エレクトロニクス分野では真空管やトランジスタ、ダイオード、集積回路などの電子部品を開発しています。



    ダイオードはエネルギーを効率的に光へと変換することで無駄を減らし、電気代を下げることができます。

    一般的な白熱電球に比べてやや高価なのが問題でしたが、徐々にダイオードの価格も下がってくることが考えられます。
    アルファラバルの事業は基本的に現在に集約する内容ではなく、将来に向けての事業が多くなっています。未来の世界がどのような技術を必要としているのか、どのようなエネルギーが必要となるのかなどに目を向けていて、グローバリズムの中にある企業です。